【ネタバレ注意】シン・ゴジラに見た夢

エキストラで撮影に参加したこともあり、公開前から注目していたゴジラ映画の新作「シン・ゴジラ」

巷では絶賛の声が聞こえておりますが、個人的には不満の残る内容でした。


まず予算の問題か、CGゴジラがどうみてもCGにしか見えないところが一番の問題であるように思いました。

ゴジラ以外のCG、例えば破壊されるビルや弾着の炎と煙は素晴らしいものがあったと思いますが、ゴジラ本体にリアリティを感じられなかったのが本当に残念。冒頭に出現するちびっ子ゴジラの目の表現も、(庵野秀明作)アニメであればあれで良かったかも知れませんが、実写映画中で使うにはあまりにマンガ的であったと思います。

そして同様にCGが使われていた(ゴジラの体内に抑制剤を投入した)特殊車両による東京駅前での作戦ですが、なぜ抑制剤がゴジラの口腔に直接注ぎ込まれるシーンを映像化しなかったのでしょうか。画面ではゴジラの口腔に棒が突っ込まれているだけで、いつ抑制剤の注入が開始されたのか、終わったのか、まったく流れが把握できなかったので、あの緊迫したシーンが何故かとても落ち着いた雰囲気になってしまっていたように思えました。

次にシナリオの問題。

舞台が官邸と対策本部に集中するのは致し方ないと思いますが、それでもそれなりの年齢の男性(とそのセリフ)ばかりが続く進行は、画面を一層地味に見せることとなってしまったと思います。戦争体験者である故・本多猪四郎氏が監督した昭和ゴジラ作品を思い出して頂きたいのですが、氏の作品はお飾りではない女性キャラが物語の中に有機的に配置されていたので、今回のような印象を持ったことはありません。確かに石原さとみ氏と市川実日子氏は配役に応じた確実な演技を見せてくれていましたが、なにぶん出番が(他の男性俳優の画面と時間占有率に比べて)少なかったと思います。

更にキャラクターの浅さ。

余喜美子氏が演じた花森防衛大臣もそうですが、メインキャラである長谷川博巳氏演じる矢口、竹野内豊氏演じる赤坂には、残念ながら彼らの背景や家族の存在を感じさせるものがまったくありませんよね。熱核兵器の使用を国連および米軍が推したとき、彼らの家族は果たしてどうしていたのか、それらを彼らはどう感じたのか、が描かれていないため、人間的に感情移入することが困難でした。比較的家族やルーツに関する描写が多かったカヨコ・パタースンにしても、心変わりする理由は十分には描かれてはいませんし。

私見ですが、上述の”キャラクターの浅さ”は庵野監督作品に共通してみられる傾向と思われ、エヴァンゲリオンにおける碇ゲンドウやユイなど、ある年齢以上の世代の内的描写が不得手なのではないか、と感じています。(例えば、彼らにシンジの子育てに悩む親のイメージはない。)

また音楽の使い方がいけません。エヴァの作曲も手がけた鷺巣詩郎氏の「Decisive Battle」(のアレンジ)を使うのはいいのですが、肝心なところで故・伊福部昭氏の楽曲を使うとは如何なものでしょう。(私を含め)古いゴジラファンは胸躍ったでしょうけれども、鷺巣氏の書き下ろし劇伴(と前述「Decisive Battle」)との明らかな違いと違和感が残ってしまった印象です。(ちなみに私は「シン・ゴジラ」を観たあとそのサントラ盤ではなく、手元の伊福部昭音盤を聴きたくなりました。これは果たして成功だったと言えるのでしょうか。)


一方、良い面があったとすれば、それは「庵野秀明映像」を観に来た観客に対して、その期待に応える映像と音をみせ聴かせることができた点でしょう。前述弾着の炎と煙の描写と懐かしい爆発SEに加え、紫色の熱線を吐くゴジラの姿とSEはそれら観客の溜飲を下げるものだったと思います。

また庵野作品らしいと思われる演出としては、N700やJR東日本の鉄道車両を突撃させる作戦がありましたが、「超特急ヒカリアン」を知っている私には既視感と同時に、民間機である鉄道車両を武器として徴用&使用することに対する寂しさを感じました。またそこに登場する車両が完全にCGにしか見えなかったことも。


総括すると、庵野秀明映像を期待した観客にとっては満足のいくものであったかも知れませんし、21世紀そして3.11以降の日本が作った「ゴジラ」としては、観客動員数も含め及第点をつけられるかも知れませんが、(CGの質に係わる)制作費の問題、そして演出とシナリオの問題、伊福部劇伴と旧SEに見せ場を頼った音などの理由から100点をつける事が出来る内容ではなかったと感じました。個人的には70点です。

# 御参考まで、私がそれ以上の点数を付けられる特撮映画としては昭和の「ゴジラ対メカゴジラ」80点程度、平成「ガメラ 大怪獣空中決戦」90点などです。

そして制作費の問題が解決したとしても、残る課題は同じスタッフである限りそうそう改善出来るものではないと思えるので、この「シン・ゴジラ」の出来を超える次回作は難しいだろう、と感じました。

庵野秀明監督が、現在のわが国のクリエーターの中では群を抜いた才能を持っている、と認めた上で。

別冊映画秘宝 特撮秘宝vol.4 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)
洋泉社
2016-07-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 別冊映画秘宝 特撮秘宝vol.4 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"【ネタバレ注意】シン・ゴジラに見た夢" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント