Rock & Roll Nightの思い出

昨年末にダイレクトメールで知っていた秋葉原のishimaruソフト館の閉店ですが、先日掘り出し物をあまり期待せず行って来ました。初日ならともかく、閉店セール開始から1ヶ月以上経ってますからねぇ(自嘲)>期待せず

TV版イデオンのDVD在庫はVol.2から5くらいまでの微妙な話数のもののみ。おまけに定価が6800円と高かったので、30%引きとなってもあまり惹かれず。

以前気になっていたミュージックファイルシリーズ「ウルトラQ」Vol.1と2は売切れ。SE集&ソノシート再録とガメラマーチが気になっていた「小さき勇者たち GAMERA」サントラも売切れ。



という訳で買ったのは佐野元春の「BEATITUDE」。50%オフのシールが貼ってあったので、税込みで2800円弱。
CD+DVDのパッケージでこの価格ですし、レンタルでも出回りそうにないと思ったので。


世間様ではニューアルバム「月と専制君主」の方が取り上げられていますが、個人的にはベスト盤とかセルフカバーとかリミックス商売は好きではないので。だから「NO DAMAGE」も「Slow Songs」も買ってません。

佐野元春のライブでは、アレンジ違いの曲を歌って踊って楽しめますが、聴くだけのCDとなりますと、ちょっと考えます。

今回のアルバムは全曲新録ではありますが、当然原曲も詩も知ってるので新鮮さはやっぱり劣りますよね。

1983年のRock & Roll Night Special Tourで初めて味わった感動を、またライブ会場で味わいたいものです。

"Rock & Roll Nightの思い出" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント