SoftBank iPhone 4S からのMNP転出先は(1)

5月11日にSoftBank iPhone 4Sのホワイトプラン(i)2年縛りが切れたので、いろいろ考えた。

以前からデータサービスを「標準プライスプランパケットし放題forスマートフォン」に切り替えていたので、Wi-Fiに利用を限定すれば最低料金の980円に抑えられ、その結果総額の支払い額は通話料を除き2300円程度に収まっていた。

ホワイトプラン(i) 934円
標準プライスプランパケットし放題forスマートフォン 980円~
S!ベーシックパック(i) 300円
合計 2214円~(税別)

よって、MNPで転出して上記の金額以下になるかどうか?、がポイントとなった。

もしこれが4月までだったならば、iPhone 5sの一括0円があってMVNOのSIMカードもそのまま使えるNTTドコモが候補であったが、今月はそのような割引の雰囲気もない。

auはMVNOのSIMカードが使えないから候補外。(その後、ケイオプティコムがauの携帯電話でSIMを使えるMVNOサービスを発表したが、関西電力系列なのでこれも対象外。)

@i.softbank.jpのメールアドレスを保持するためにSoftBankをそのまま継続することも考えたが、これから2年間Wi-Fiだけで2214円~/月も払うのは考え物。おまけにiPhone 4Sがいつ壊れるかも判らない。

Willcomやemobileに乗り換えるとすると、Androidのスマホを(自身でorキャリアが)手配することとなる。iPhoneをなんらかの形で使い続けたい私としては、余計な出費&2~3年の縛りとなる。

そんな時読んだのがこの記事であった。

【自腹実録】ソフバンiPhone 4S+SIMロック解除アダプター+OCNのSIMは使えるか?

(続く)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック