RECBOXのHDD換装成功

我が家には既にIODATA製RECBOXの2TB版(HVL-AV2.0)が3台ありますが、近所の家電店に在庫処分として1TB版のHVL-AV1.0が売られていたので購入してきました。9000円ほどとちょっと高かったですが、ストレージ製品は容量に比例して価格が決まるわけではないので納得して購入しました。

目的はHDDの換装。手持ちにSeagateの2TB HDD(型番をメモするのを忘れました。失礼!)があったのでこれに置き換えます。

フタを開けてみると、元々付いている1TB HDDはWestern DigitalのWD10EARX。タイ製で29 DEC 2011の日付。

ここから先人たちのブログを参考にCloneZilla 2.2.1で元の1TB HDDイメージの保存、そして新しい2TB HDDへのそのイメージの書き戻し。Ubuntu 12.04.4で2TB HDD中の未使用エリア1TB弱を最大サイズ(1.9TBほど)に拡張。この2TB HDDをRECBOX筐体に装着。HDDを初期化して見事に2TB化に成功しました。

参考にしたのは下記ブログです。お世話になりました。
RECBOXのバックアップとディスク換装
RECBOXのハードディスクを換装した

注意事項としては、CloneZillaでsda6エリアのイメージ化をCtrl-Cで強制終了させた際に、画面に「Enterを押して続行してください」と表示される箇所。一瞬、’ここで続行したら強制終了処理が出来ないのではないか?’と思ってしまい、Enterを押さずにPCを再起動させてしまうと、イメージがつくられません。よってここは素直にEnterを押して、画面の指示に従ってください。











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック