2012年6月以降にWindows7PC買った人なら実質800円でWindows8入手可(1月末迄)

1月31日までと迫ったWindows8 Pro優待販売ですが、2012年 6月 2日から 2013年1月31日までの間に、対象となっている Windows 7 PC または DSP 版を購入した人は、1200円でダウンロード購入出来る期間でもあります。

私が年末に購入したAcer Aspire V3も当然対象機種なので、早速ダウンロード

住所や氏名、電話番号やメールアドレスを入れるのはいいのですが、ふと考えた支払方法。

画面からはクレジットカードもしくはPayPal利用が可能という事が読み取れますが、この為だけに(Microsoft指定の)ドイツの業者にクレカの情報を渡すのは考えもの。

悩んでいるとFAQのページに、VISAが発行しコンビニで購入出来るワンタイム?クレカ 「Vプリカ」があると判明。
おまけに200円のキャッシュバックもあるとの表記があるので、1200-200円の実質1000円でWindows8 Proが入手可能に。

さらに、この「Vプリカ」をファミマで買うと、店で使える200円のクーポンももらえると判明。(2013.2.4まで)

よって、ファミマで3000円分のVプリカを買って、Windows8 Proダウンロードの支払いに1200円。後で200円のキャッシュバックに加え、ファミマで使える200円のクーポン券をゲットできるので、実質800円でWindows8 Proを入手しました。ダウンロード時にインストールキーが発行されますので、それを記したメールは保存しておくこと。無くすと後でインストール出来なくなるかも知れません。

ダウンロードされるのはWindows8.exeという実行ファイルで、これを実行することでそのままアップグレードインストールをしたり、あるいはUSBメモリやDVD-Rなどに書き込み出来る.isoイメージファイルも作成出来ます。

私はまだWindows8へのアップグレードはせず、DVD-Rにインストールメディアを作ったところで止めています。

いつ使うことになるやら...

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック