DVDドライブが原因じゃなかった

GIGABYTEのマザーボードGA-MA790X-DS4にIDE接続していたパイオニアのDVDドライブで、CDやDVDディスクを読み込む時の調子が悪くなって一年近く。

【 2007年11月17日号 】 AMD 790X/770搭載Socket AM2マザー発売、790FXの下位
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20071117/etc_790x.html

寒くなってから症状が発生し、暖かくなるとたまに動いたりしたので、’これはDVDドライブの故障だろう’と思い、手持ちの他のドライブと交換してみることにしました。

HD DVDの終了時に叩き売りされていたTSSTのHD DVD-ROMドライブがあったので、それを付けてみたところBIOSから認識されない。もちろんWindows XPのエクスプローラーからも認識されません。

これはHD DVDドライブなんて特殊なデバイスだからか?と思い、MSIのCD-RWドライブに交換してみてもやっぱりBIOSからもエクスプローラーからも認識されない。

ここまで来て気付きました。これは、DVDドライブの故障ではなくて、マザーボードのIDEインターフェースの回路が壊れたのだ、と。

となると、対処するにはDVDドライブをSATAインターフェースのものに交換するか、あるいはマザーボードを交換するか。

SATAインターフェースのDVDドライブは、安いものなら2000円弱で買えますので、そうすることにします。
それまでは、USB接続の外付けBlu-rayドライブで我慢することにします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック