BJC-50VをPC-AX30Vで使う

前回購入したシャープのインターネットAQUOSの運用の続きです。

以前家族用で使っていたPCには、キヤノンのインクジェットプリンタBJC-50Vをつないでいました。このプリンタはかなり古いのですが、今でもホームセンターに使えるインクカートリッジが売っていますし、カートリッジを交換する事でカラースキャナーとしても使える優れものです。古いPCはSocket478(Intel Pentium4)時代のものですから、当然のようにパラレルポートでの接続です。

で、インターネットAQUOSですが。

このPC、ノートパソコン的な設計で作られているらしく、ケースの中に電源が内蔵されていないACアダプタでの電源駆動ですし、拡張用のPCI等スロットもありません。それだけでなく、プリンタをつなぐパラレルポートもありません! イマドキのプリンタはUSB接続だから不要なのかも知れませんが、上記の古いプリンタを使おうと思うとこれでは困ります。

で、gooってみると同様の件で困っているユーザーさんが何人もいたらしく、USB-パラレル変換ケーブルをかませたりいろいろ御苦労なさっている様子。

そこで思い出したのが、BJC-50VのIrDA赤外線通信機能。これがPCとの接続に使えれば、ケーブルも不要になります。

インターネットAQUOSには、IrSSと称する携帯電話等から赤外線でカメラで撮影した画像等を転送する機能が内蔵されていますが、調べてみるとこれはIrDAと互換性は無い模様。

ならば...とUSBで接続出来るIrDAアダプタを秋葉で探して買ってきました。2000円弱での購入です。
AREA I (アイ) USB接続赤外線通信アダプタ Irda ver1.3 SD-IRU1F
エアリア
2010-06-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by AREA I (アイ) USB接続赤外線通信アダプタ Irda ver1.3 SD-IRU1F の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


接続前にキヤノンのwebページでWindowsVista用のプリンタドライバを探した所、XPまでしか対応していない事が判明。その後gooってみた所、BJC-50VのドライバがVistaの標準ドライバとして含まれているとの情報。

で、接続する前にあらかじめプリンタドライバだけ先に入れようと、「新しいプリンタ」ウィザードをはじめるとBJC-50Vが選択肢に出てこない...

それでは!、とUSB-IrDAアダプタをまず接続し、ドライバを入れて動作を確認した後、赤外線通信圏内にBJC-50Vを持っていった所、タスクバーに赤外線機能のステータス表示があらわれBJC-50Vを発見したとの報告。

その時点で「新しいプリンタ」からBJC-50Vを探した所、やっと選択肢に出てきました! 無事ドライバをインストール。

WindowsVista標準ドライバにふさわしく、設定や印刷動作に不具合は見当たりませんでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック