GW-USMicroN on PC-AX30V

前回購入したシャープのインターネットAQUOSですが、内蔵有線LANのポートはあるものの、ADSLモデムのある部屋と別のリビングに置くつもりなので、無線でつなぐ必要があります。

で、使ったのがプラネックスの11n対応無線LAN子機GW-USMicroN。秋葉のTSUKUMOで以前、500円で買ったものです。以前のXpマシンでは、すぐにデバイスが認識されて簡単に利用出来たのですが...



プラネックスのサポートwebページを見ると、Windows用のドライバが2種類。片方は「Windows版」、もうひとつは「Windows Vista版XLink Kai用」と書いてあります。

別にXLink Kaiなんて使う予定は無いので、「Windows版」をインストールした所、これが動かない(汗
デバイスは認識されているものの、接続ユーティリティを起動しても無線LANのアクセスポイントが見当たりません。

てなわけで、「Windows版」をアンインストールして、「Windows Vista版XLink Kai用」をインストール。
接続ユーティリティを起動しても、やっぱりアクセスポイントが見当たらない(大汗

結局、アクセスポイントが見えない状態で、手動でSSIDとカギをセットしてやったら、ようやくアクセスポイントも見えるようになり、接続も出来るようになりました。

接続スピードはXpの時代とほとんど変わらない様に思いますので、おkとします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック