DV-DH400TのDVDドライブ換装、結果は...

当ブログのタイトルとは関係ありませんが、自宅のリビングのレコーダーのDVD書き込み機能が怪しくなったので換装を試みました。

そのレコーダは日立のDV-DH400T。デジタルチューナー内蔵のDVD&HDDレコーダでHDDにはTS記録も可能ですが、DVDにはSD(NTSC)に変換した後でないと記録出来ません。

2005年頃、型落ちになった後だったのでYAMADAで79800円程度で購入した記憶があります。

搭載されていたDVDドライブは日立製のDVD-Multi、GSA-4120B。RAMカートリッジと6倍速以上のRAM、DVD-R DLは非対応です。

換装用のドライブはバッファローのDVSM-X1218FB。中身が日立LGデータストレージのGSA-H12Nです。

結果から言うとNG orz


DVD-RWメディアのフォーマットは出来ましたが、HDDに記録済みの(コピフリSP)番組をダビングしようとした瞬間にエラー表示が出て停止します。

同メーカーだから何とかなるかも、と思っていたのですが甘かったです(--;)

ちなみにこのDV-DH400T、i-Linkは付いているのですが、送り先を選ぶ様で、我が家のRECPOT、VARDIA2台、Blu-ray Diga、いずれも送り先に指定出来ないので、録画した番組はそのままHDDに残しておくか、DVDドライブをだましだまし使ってSD画質に落とした上でダビングするしかなさそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック